カテゴリー

ディスプレイ

【M1 mac&ディスプレイ】ディスプレイが欲しいから検討する

2021年9月18日

こんな人にオススメ

M1 MacBook Proにサブディスプレイとしてモニターを購入したいんだけど、何がいいかな?

M1 MacBookは接続できるディスプレイが1枚だけだから珠玉のモニターがいい。

ということで、今回は執筆者が今年で最も買ってよかったと思っている愛用機M1 MacBook Proのサブディスプレイを購入検討する。

【2021年上半期の買ってよかったもの10選】人生が豊かになるガジェットや日用品

続きを見る

今は、今住んでいる家に付属していたテレビをそのままモニターとして使用している。しかし、近々引っ越しをするということで新しく購入する。

テレビに以下のようなHDMI 2 Type-Cケーブルを接続してモニター代わりにしているけど、如何せん画質がクソすぎて文字が潰れる。執筆者は文字を小さめに表示するからなおさら。

ということで、モニター初心者がモニター探しを行う。研究室時代はDellを使用していたが、研究室で購入したもので自分は関与していない。初めての購入。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

運営者のメガネです。TwitterInstagramも運営してます。

自己紹介はこちらから、お問い合わせはこちら。

運営者メガネ

モニターに求めるスペック

モニター自体に求めるスペックを列挙していく。執筆者自身モニターに関してはズブズブのトーシローと言っても過言ではないので、思いつくものを列挙。

Must条件

まずはMust条件。これは少なくともクリアしておきたい。研究室にあったモニターが21インチくらいで小さかったので大きめ、かつ今のテレビみたいに解像度が低いのは嫌だ。

Must条件

  • 24インチ以上
  • 3840×2160(4K)の解像度
  • Amazonのモニターアーム(VESA規格)が装着可能
  • Type-Cで映像出力可能(Thunderbolt3対応)
  • 価格は6万円がマックス

また、モニターアームを試したいからモニターアームに対応しているもので、Type-Cケーブル1本で出力したいので条件に追加。価格はなるべく安く。

価格面で言うと4K出力とType-Cがかなり響いてくる印象。調べるとFHDだと2, 3万あればお釣りが出るけど、4Kだと一気に跳ね上がる。これにType-Cなので余計に高くなる。

Want条件

Want条件は以下の通り。こちらはあったらいいなって感じ。前のモニタが同時充電可能でノングレアに縦置き可能でベゼルが薄かった。今思えばなかなかのスペック。

あとは理想を語っているようなものなのであるとなお良いという条件。

  • 映像出力しながらMacBook Proの充電可能
  • ノングレア
  • 縦置きが可能(モニターアームでなんとかなりそう)
  • ベゼルが薄い
  • リフレッシュレートが高い
  • 有機EL
  • フリッカーフリー(ちらつき防止)
  • 柱下にワイヤレス充電機能あり(モニターアームを使用しない場合)

縦置きについてはモニターアームが対応していれば可能ではあるものの、何かの事情でモニターアームが使用できないことがあるかもしれない。

そんな時のために縦置きもできるようなモニターだったらいいな。

狙っているモニターアーム

今のところ狙っているモニターアームはど定番中のど定番、エルゴトロンのもの。ランキングモニターアームのランキングでは上位に食い込んでいる。

どのような要件や対応かは以下。

  • 34インチまで
  • 3.2 kgから11.3 kgまで
  • VESA規格: MIS-D、MIS-C(100 x 100 mm、75 x 75 mm間隔のVESA)に対応

価格は1.5万円あればお釣りが来るし、しょっちゅうセールで1万円くらいになっているしビューも多いし高評価。とりあえずこれでいってみる予定。

Dell U2720QM

今のところかなりと思っているのがこの「Dell U2720QM」色んなサイトを見たんだけど、かなり高頻度でこのモニターが評価されている。

Must要件は全て満たしており、なんなら27インチなのでちょっといい感じ。さらに非光沢と言うことなのでノングレアも達成。IPS液晶なのでキレイなのも良いだろう。

Type-Cで充電しつつ映像出力できると書いてあるサイトがある一方で、映像出力用・充電用と分けて書いてあるサイトもあったのでそこはちょっと不安要素。

それでも非がほとんどない印象なのでほぼほぼこれに決定中。充電が90 Wなので16インチのMacBookを購入した時も安心。

BenQ EW3270U

BenQ EW3270Uは4.5万円くらいなのに31.5インチとかなり大きいディスプレイ。サイズが大きい割りに安いので、その分色々と省かれている。

例えばディスプレイがIPSではなくてVA出会ったり、出力と給電が同時にできなかったり、微妙に手が届かない点が多い印象。

ただし、EW3270Uにはスピーカーがあるので、ディスプレイから音を出力することができる。んだけど、MacBookのスピーカーでいいので意味なし。

安く4Kの大画面モニターが欲しい人にはいい選択肢かもしれない。

Dell S2722QC

Dell S2722QCは今年2021年8月に発売されたばかりの製品。かなり新しく、新しいからこそ値段がかなり安く抑えられている。

基本的なスペックは先に挙げたU2720QMに似ているが、S2722QCでは接続端子が多少少なかったり充電の出力が弱かったりする。

正直なところ、U2720QMとどっちにするか迷い中。値段が同じならU2720QM一択になるが、U2720QMのDPとか90 Wに1万円の価格差は見いだせない。

なので、購入時の値段とかを見て慎重に購入たいと考えている。Dellすごい。

LG 27UL850-W

LG 27UL850-WはDell S2722QCのスピーカーを強化したようなものと認識している。言っても3 Wから5 Wなのでほとんど変わらない。

ほとんど同じ性能なのに価格は執筆時では¥7,000くらい27UL850-Wの方が高い。LGブランドが欲しいと思わない限り今の値段だと買わない。

ASUS PA279CV-J

ASUS PA279CV-Jは端子が多くて全部盛りの感じ。Dell U2720QMにスピーカーを足したような感じだ。ただ、その反面、重量がかなり大きくなっているのでここは注意ポイント。

Dell U2720QMやDell S2722QCだと7 kgには収まっているが、ASUS PA279CV-Jでは8 kgを優に超えている。これだと引っ越しやモニターアームが心配だ。これも迷いどころではある。

BenQ EW2780U

最後はBenQ EW2780U。こちらは総合的に見て今までの物の中で一番コスパが悪い気がする。基本的なことはできるけど、縦置きができないとか高いとか。

端子もType-Cが1つしかないなど拡張性も乏しい。ということでEW2780Uはなし。

今回のディスプレイまとめ

項目Dell U2720QMBenQ EW3270UDell S2722QCLG 27UL850-WASUS PA279CV-JBenQ EW2780U
インチ27インチ31.5インチ27インチ27インチ27インチ27インチ
価格
(2021年9月18日のAmazon価格)
¥56,800¥45,273¥48,800¥55,273¥52,254¥59,441
解像度4K(‎3840 x 2160 pixels)4K(‎3840 x 2160 pixels)4K(‎3840 x 2160 pixels)4K(‎3840 x 2160 pixels)4K(‎3840 x 2160 pixels)4K(‎3840 x 2160 pixels)
ディスプレイの種類IPSVAIPSIPSIPSIPS
アスペクト比16:916:9‎16:916:916:916:9
接続端子DisplayPortx1.4
HDMI2.0x1
Type-Cx2
USB3.0x3
オーディオジャックx1
DisplayPort1.4x1
HDMI2.0x2
Type-Cx1
オーディオジャックx1
HDMIx2
Type-Cx1
USB3.2x2
オーディオジャックx1
DisplayPort1.2
HDMI2.0×2
Type-C×1
オーディオジャックx1
DisplayPort1.2x1
HDMI 2.0x2
Type-Cx1
USB3.1x4
オーディオジャック×1
DisplayPort1.4x1
HDMI2.0x2
Type-Cx1
オーディオジャックx1
VESA規格対応○(100 mm x 100 mm)○(100 mm x 100 mm)○(100 mm x 100 mm)○(100 mm x 100 mm)○(100 mm x 100 mm)○(100 mm x 100 mm)
サイズ‎18.5 x 61.13 x 39.52 cm‎72.6 x 22 x 52.2 cm5.5 x 61.2 x 36.4 cm‎23.4 x 61.3 x 45 cm‎22.78 x 61.4 x 52.35 cm‎61.4 x 46.14 x 19.6 cm
重量6.6 kg7.5 kg5.37 kg6.1 kg8.6 kg8.8 kg
Type-C映像出力
出力と同時に充電○(恐らく)(90 W)×○(65 W)○(60 W)○(65 W)○(60 W)
内臓スピーカー×○(2 Wデュアル)○(3 Wデュアル)○(5 Wデュアル)○(2 Wデュアル)○(5 Wデュアル)
ノングレア(非光沢)非光沢非光沢非光沢非光沢非光沢非光沢
単体で縦置き可能××
リフレッシュレート60 Hz60 Hz60 Hz60 Hz60 Hz60 Hz
ちらつき防止
ブルーライト軽減

今回紹介したディスプレイをまとめた。この価格帯だとやはり有機ELは候補として挙がらないようだ。全て液晶だ。

個人的にはスピーカーはいらないし接続端子もそこまでいらないような気がしているので、Dell S2722QCなのかなと考えている。

悩んで購入したらTwitterなどで報告する。

関連記事

【Xiaomi 11T / 11T Proザックリまとめ】iPhoneとも比較

続きを見る

【iPhone13シリーズザックリまとめ】何が出てどんな性能でどんな価格?

続きを見る

https://www.sony.jp/headphone/products/WF-1000XM4/ より引用
【WF-1000XM4】SONY最新イヤホンを比較して悩む

続きを見る

【2021年Jabra最新機種まとめ】Jabra Elite 3 / 7 Active / 7 Pro / 4 Activeと75t、85t

続きを見る

関連コンテンツ

スポンサーリンク

Amazonのお買い物で損したない人へ

1回のチャージ金額通常会員プライム会員
¥90,000〜2.0%2.5%
¥40,000〜1.5%2.0%
¥20,000〜1.0%1.5%
¥5,000〜0.5%1.0%

Amazonギフト券にチャージすることでお得にお買い物できる。通常のAmazon会員なら最大2.0%、プライム会員なら2.5%還元なのでバカにならない。

ゲットしたポイントは通常のAmazonでのお買い物に使えるからお得だ。一度チャージしてしまえば、好きなタイミングでお買いものできる。

なお、有効期限は10年だから安心だ。いつでも気軽にAmazonでお買い物できる。

Amazonチャージはここから出来るで

もっとお得なAmazon Prime会員はこちらから

30日間無料登録

執筆者も便利に使わせてもらってる

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

メガネ

独学でpythonを学び天文学系の大学院を修了。 ガジェット好きでMac×Android使い。色んなスマホやイヤホンを購入したいけどお金がなさすぎて困窮中。 元々、人見知りで根暗だったけど、人生楽しもうと思って良い方向に狂ったために今も人生めちゃくちゃ楽しい。 pythonとガジェットをメインにブログを書いていますので、興味を持たれましたらちょこちょこ訪問してくだされば幸いです🥰。 自己紹介→変わって楽しいの繰り返し

-ディスプレイ
-, , ,