カテゴリー

キーボード

【Mac×US配列キーボード】v14.5.0以降のSwiftUIのKarabiner-Elementsを使ってキーの入れ替えをする方法

2022年10月29日

こんな人におすすめ

US配列の方がキーボードの種類が多いし見た目やキー数がすっきりしてスタイリッシュ。

でもUS配列で日本語を入力するにはどうしたらいい?記号キーの入れ替えとかはどうしたらいい?

ということで、今回はUS配列のキーボードを購入したので、Karabiner-Elementsを使ってJIS配列ライクに使いやすく設定する方法を解説する。

変更する内容は以下の5つ。最終的に4つ目は廃止したが、5つ目の設定に役立つので是非とも読み進めていただきたい。

  • JIS配列とUS配列の切り替えプロファイル作成
  • 左右のキーで英かな変換
  • Caps Lockキーなどの装飾キーの入れ替え
  • コロン系・クォーテーション系のキーの入れ替え
  • キーの入れ替え

8年くらいJISを使ってきていきなりUS配列に移行したが、本記事の設定をすればある程度は簡単に使えるようになった。

これからUS配列を試したい・すでに試しているけどカスタムしていなくて使いづらいって人は参考にしてほしい。

本記事でのMacやキー入れ替え用のアプリ「Karabiner-Elements」のバージョンは以下。

  • M1 MacBook Pro
    • macOS Ventura バージョン13.0
  • Karabiner-Elements
    • バージョン14.10.0

なお、US配列を使いやすくするために使用した方法は追記していく予定だ。

Karabiner-Elementsを使ったソフト面でもキーキャップ交換などのハード面でも、より使いやすくできる方法を見つけたら追記する。

また、おすすめの方法などがあればTwitter(@m_ten_pa)に連絡してほしい。試す。

運営者のメガネです。YouTubeTwitterInstagramも運営してます。

自己紹介はこちらから、お問い合わせはこちら。

運営者メガネ

JIS配列・US配列とその違い

そもそもJIS配列とは日本語配列のことでUS配列というのは英語圏での配列という認識だ。

もちろん、キーボードによって変わってくる部分もあるが、ざっくりJIS配列からUS配列にすることで変わることは以下。

  • 英かな変換キーがない
  • スペースキーが長い
  • +~@などの記号キーの配置が異なる
  • エンター・バックスペースキーが横長
  • キートップに日本語の印字がない

本記事では低価格帯のUS配列キーボードの定番「e元素」のメカニカルキーボード「e元素 Z13」を使用して解説する。

キーレイアウトの違い

言葉ではキーの配置について書いたが、実際に見てみると特に記号部分の違いが顕著だ。

比較対象はJIS配列の「Keychron K8」。Keychron K8のレビューは以下の記事参照。

【Keychron K8レビュー】Mac配列の低価格メカニカルキーボード

こんな人にオススメ Mac配列の ...

続きを見る

もちろんキーボードの種類自体が異なるから一概に比較はできないが、エンターキーや記号の位置の違いは確認できる。

なお、Caps LockについてはMacBookの純正キーボードだと(コントロール)に割り当てられている。

US配列だが使う人は日本人

US配列を使い始めるんだが、あくまでも執筆者は日本人であり、英語も日本語も入力する。

しかし、US配列ではそもそも日本語を入力することを前提に作成されていないため、日本語入力を可能にする必要がある。

また、JIS配列で便利に使っていたキーレイアウトも使いたい。

ということで、US配列だけど日本人・執筆者向けにカスタムする必要があるのでこの記事で解説するセッティングをするというわけだ。

Karabiner-ElementsとSwiftUI

本記事で紹介・設定する内容は全て定番のキー割り当て変更アプリ「Karabiner-Elements」を使ったものだ。

Karabiner-Elements関連のブログ記事は数多くあるが、どれもバージョンが古いもので、いまいちわかりづらかった。

というのも、どうやらKarabiner-Elementsはv14.5.0からSwiftUIというものになったらしい(AAPL Ch.)。

本記事では今からKarabiner-Elementsを導入してもわかりやすいように、SwiftUIの画面で解説する。

Karabiner-ElementsのプロファイルはJIS用とUS用を作る

本記事では主にキーボードのキー割り当て変更アプリ(ソフト)「Karabiner-Elements」を使用する。

そのまま作成してもいいが、MacBook本体のキー配列がJISの場合は、あらかじめKarabiner-Elementsの「Profile」から新規プロファイルを作成することをおすすめする。

何も設定していないプロファイルをJIS、本記事で紹介する設定をしたプロファイルをUSに設定すると、プロファイルの切り替えで設定を更新できる。

JISで使いたいキーボードは別で設定

また、Karabiner-Elementsの「Misc」タブの「Show icon in menu bar (Default: on)」にチェックを入れよう。

こうすることでメニューバーからプロファイルの変更ができるので、MacBook本体や他のJISキーボードを使うときにサクッと切り替えられる。

最後にDeviceタブからJISにしたいを選択、「Modify events」のチェックをオフにする。

以下の画像ではKeychron K8を対象にオフにした。

こうしておかないとJISのプロファイルにしたとしてもUS配列として認識されるっぽい。

面倒だが執筆者の解決策はこの方法だ。

左右のコマンドキーで英かな変換

まずはUS配列にはない日本語入力用の「英数/かな」変換の設定から始める。

ただし、デフォルトの状態だとe元素 Z13の右のキーがないので変換できない。これについては次の章で設定を解説する。

英語しか使わないか以下の画像のようにMacのメニューバーの言語選択から英語と日本語を切り替えるって人は設定不要だ。

ただ、執筆者はこの文章のように日本語を多用するし英語も使うし、それらを簡単に切り替えたいとも考えているのでキーの入れ替えをする。

使用するのは定番のキー割り当て変更アプリ「Karabiner-Elements」だ。

Karabiner-ElementsをMacに入れたら「Complex Modifications」の項目を選択。

以下の画像ではすでに英かな変換の設定が表示されているが、最初は何も設定がないと思う。

この画面の「Add rule」を選択し一番下の「Import more rules from the Internet (Open a web browser)」を選択する。

ここでも英かな用の設定が表示されているが、これはすでに設定をインポートしたから。初期状態だと「Example」しかないはずだ。

インポートボタンを押すとブラウザ(開くページはここ)が開くので「International (Language Specific)」を選択。

すると画面が自動でスクロールされて言語系の設定ファイルの項目が表示される。

その中の「For Japanese (日本語環境向けの設定) (rev 6)」の項目をImport。

インポートするとKarabiner-Elementsに日本語向けの設定項目が追加されるので、必要な設定をEnable(有効化)すればいい。

英かな変換は一番上の「コマンドキーを単体で押したときに、英数・かなキーを送信する」に該当するのでこれを有効化。

これで英カナ変換の設定は完了するんだが、ちょっと不安定っぽくて一回押しただけではうまく反応しない時がある。

2, 3回くらい押すと反応するが、面倒なので以下の方法で設定ファイルをいじる。

うまく反応しない時は設定ファイルをいじる

Karabiner-Elementsで英かな変換は設定できた。しかし、執筆者環境だと日本語に変更するのは問題ないが、英語に変換する際に変換できずに日本語のままでうまく変換できない事が多い。

何度か左を押して英語に変換したらいいが、毎回のタイピングで連打するのは面倒。ということで英かな変換の設定をいじってみる。

後でも紹介するが、Karabiner-Elementsの各設定はjsonファイルというテキストっぽい形式で以下のディレクトリに保存されている。

/Users/(ホームディレクトリ名・ユーザー名)/.config/karabiner/assets/complex_modifications

このフォルダ内にある〇〇.jsonの中から日本語変換しているファイルを探して開く。中身は以下のイメージ。

{
  "title": "For Japanese (日本語環境向けの設定) (rev 6)",
  "rules": [
    {
      "description": "コマンドキーを単体で押したときに、英数・かなキーを送信する。(左コマンドキーは英数、右コマンドキーはかな) (rev 3)",
      "manipulators": [
        {
          "type": "basic",
          "from": {
            "key_code": "left_command",
            "modifiers": {
              "optional": [
                "any"
              ]
            }
          },
          "parameters": {
            "basic.to_if_held_down_threshold_milliseconds": 100
          },
          "to": [
            {
              "key_code": "left_command",
              "lazy": true
            }
          ],
          "to_if_held_down": [
            {
              "key_code": "left_command"
            }
          ],
          "to_if_alone": [
            {
              "key_code": "japanese_eisuu"
            }
          ]
        },
        {
...

キーを入力した際にどのキーに割り当て変更するかの記載がある。この中のbasic.to_if_held_down_threshold_millisecondsという記述が重要。

これは指定したキーを長押し判定するまでの時間で、英かな部分のデフォルトだと100 ms(100ミリ秒)=0.1秒に設定されている。

要するに、0.1秒以上キーを押しているとto_if_held_downに書かれている左のとして判定されるということ。

以下のQiitaでわかりやすく解説されているので参考にしてほしい。

なので、basic.to_if_held_down_threshold_millisecondsの値を長くすれば英かな変換の判定時間が伸びて英かな変換しやすくなる。

その反面、通常のキーとして判定される時間も伸びるので、自分の使いやすい時間で調節すると良いだろう。執筆者は250くらいがちょうどよい。

jsonファイルで設定値を変更したらファイルを保存。その後にKarabiner-ElementsのComplex Modificationsから英かな変換の項目を削除。

左のタブの一番下「Quit, Restart」の「Restart Karabiner-Elements」を選択しKarabiner-Elementsを再起動する。

一旦Complex Modificationsから英かな変換の項目を削除しないと変更内容が反映されなかったので、再起動前には設定項目を消しておこう。

再起動が完了したら、再度、Add Ruleから英かな変換の項目を追加。これで英かな変換の判定時間を変更できる。

アプリ「英かな」でも変更可能

なお、英数/かなの変換はアプリ「英かな」でも可能だ。手早く変換したいって場合は英かなの方が楽。

ただ、執筆者は後述する@(アットマーク)と(ダブルクォーテーション)の入れ替えなどもするので、Karabiner-Elementsを使用した。

加えて英かなアプリで設定した内容はKarabiner-Elementsで他の設定をすると無効化されるっぽいので、どちらか1つを使うのが良さそうだ。

装飾キーを入れ替え

まずはCaps Lockと⌘、⌥キーを入れ替える。この時点でUSの良さがなくなるのでは、となるかもしれないが慣れているから仕方ない。

本記事で紹介するUS配列キーボード「e元素 Z13」とMacのキーの割り当ての対応は以下のようになっている。

JIS配列には英かな変換用のキーはあるが、ここでは無視して考える。

e元素 Z13のキー JIS配列での同場所のキー Macで入力されるキー Macで入力したいキー
Caps Lock 左⌃(コントロール) Caps Lock 左⌃(コントロール)
左右⇧(シフト) 左右⇧(シフト) 左右⇧(シフト) 左右⇧(シフト)
左⌃(コントロール) Caps Lock 左⌃(コントロール) 左⌃(コントロール)
右⌃(コントロール) (存在しない) 右⌃(コントロール) 右⌃(コントロール)
Win 左⌥(オプション) 左⌘(コマンド) 左⌥(オプション)
左右Alt 左右⌘(コマンド) 左右⌥(オプション) 左右⌘(コマンド)
FN fn (割り当てなし) (割り当てできなかった)

JIS配列とe元素 Z13で左側のキーとキーの順番が逆なんだ。JISだと左からという順番だったが、e元素 Z13では左からの順番。

これだと⌘ cのコピーや⌘ spaceのSpotlightをするたびに1キー左を押さないといけない。感覚がズレる。

また、JIS配列だとキーの左端にキーがあるところ、e元素 Z13だとCaps Lockキーで使いづらい。

キーを駆使することでタイピングが楽になる。これについは以下の記事でも触れているので参考にしていただきたい。

e-typingのスコア軌跡
【Mac&タイピング】タッチタイピングで分間300打を超える方法

こんな人にオススメ タイピ ...

続きを見る

デフォルトの状態だと使いづらいので、などの装飾キーを入れ替えることにした。

なお、e元素 Z13のFNキーは割り当てができなかったので、一般的な右下のfnキーとしての役割はできなかった。

キーの入れ替えもKarabiner-Elements

キーの入れ替えには英かな変換でも使用した「Karabiner-Elements」。

Karabiner-Elementsの「Simple Modifications」からキーの割り当てを変えたいキーボードを選択する。

ただ、同じ名称のキーボードがたくさんあるので、執筆者は以下の手順でどれが正解なのかを導いた。

なお、キーボードの右側にマウスとキーボードの記号があるが、キーボードだけのものを選ぶと正解しやすい。

  • 正解っぽいキーボードを選択
  • 右の「Add Item」から変更前後のキーを選択
  • 実際に入力して変更されたか確認
  • 変更されていなかったら他を選択し繰り返す
  • 変更されていたら他の割り当ても行う

最終的に執筆者の割り当て変更の内容は以下のようになった。

e元素 Z13に印字されているキーと実際に入力されるキーの内容が異なるが、そこは利便性をとっている。

変更前(印字されたキー) 変更前(入力されるキー) 変更後
Caps Lock Caps Lock (コントロール)
Win (コマンド) (オプション)
Alt (オプション) (コマンド)
Alt (オプション) (コマンド)

これでMacのJIS配列に近い配列で使用することができる。

装飾キーの入れ替えはシステム設定からもできる

なお、装飾キーの割り当て変更に関してはMac標準のシステム設定(macOS Monterrey以前ではシステム環境設定)からも変更可能だ。

上の画像はmacOS Venturaでの装飾キーの変更画面だが、Monterrey以前でも同様の画面が表示されるから安心してほしい。

以下で紹介するキーの入れ替えも行うのでKarabiner-Elementsを使った。

(コラム)コロン系とクォーテーション系をシフトなしで入力

このキーの入れ替えは@の入れ替えを設定したので最終的に却下になったんだけど、一応、設定したので紹介しておく。

US配列だとコロン系とクォーテーション系のキーの単発入力が執筆者の普段使いと合致していなかった。

名称 用途 入力方法 全角イメージ 半角イメージ
セミコロン 特になし : ;
コロン 補足説明 ⇧ ; :
シングルクォーテーション 特になし
ダブルクォーテーション 完全一致の検索 ⇧ ‘

よく使うキーの入力には毎回⇧(シフト)を押さないといけないのは面倒ということで、以下のサイトを参考に割り当てを変更した。

英かな変換の時と同じようにKarabiner-Elementsの「Complex Modifications」から「Add rule」をする。

設定ファイルのインポート用のWebページに移動できたら、その中の「Key Specific」の項目に進む。

この項目の中の「Exchange semicolon and colon」「Exchange single and double quote」の2項目をimportする。

それぞれの設定をEnable(有効化)する。

これでセミコロン「:」とコロン「:」、シングルクォーテーション「」とダブルクォーテーション「」の入れ替えができる。

もちろんe元素 Z13のキーの印字と、実際に入力される内容に差異はあるが、ここも利便性をとっての変更だ。

Simple Modificationsでは対応不可

コロン「:」とダブルクォーテーション「」の項目がないのでSImple Modificationsの項目では変更はできそうになかった。

もしできそうなら教えてほしい。

アットマークとダブルクォーテーションを入れ替え

JIS配列だと⇧ 2が入力されるんだが、US配列だと⇧ 2@となる。

執筆者はネット検索時の完全一致でよくを使う一方で@はほとんど使わない。

なので、いちいちマウスを握っている右手を使ってを打つUS配列のやり方が気に食わない。JIS配列のように左手だけでを打ちたい。

ただ、既存の設定ファイルやKarabiner-Elementsのキー入れ替えになさそうなので、jsonファイルで自作する。

今回の作成は以下のイメージ。既存のキーの機能を入れ替える。

  • ⇧ 2@の1回押し)
  • の1回押し)→⇧ ’
  • ⇧ ’)→の1回押し)

jsonファイルだったり自作だったりと難しそうに聞こえるかもしれないが、やっていることは至ってシンプルだ。

実質テキストファイルと考えても良いだろうjsonというファイル形式で上の3つのキーの入れ替えを書いたらいい。

執筆者は以下の日本語のサイトと公式のドキュメンテーション(取説)を参考にした。

設定用のjsonファイルを作成

まずは設定ファイルの作成からだ。Karabiner-Elementsのjsonの設定ファイルは以下のパス(フォルダ)に保存されている。

/Users/(ホームディレクトリ名・ユーザー名)/.config/karabiner/assets/complex_modifications

「ホームディレクトリ名」ってのはユーザー名的なもので、macOS Venturaの場合だとシステム設定から以下の手順で確認できる。

macOS Ventura以前のバージョンでもシステム環境設定から同様の手順で確認することができる。

ただし、ホームディレクトリなどをいじるとログインできなくなったり色々と不都合が生じるので、変更しようがしまいがキャンセルで戻ることをおすすめする。

  • ユーザとグループ
  • ホームディレクトリを知りたいユーザー名で右クリック
  • 詳細オプション
  • Macのパスワードを入力
  • ホームディレクトリの項目を参照

ホームディレクトリ名が別れば先程のパスに移動する。フォルダ(パス)の移動にはFimderのショートカット⌘ ⇧ gが便利だ。

このフォルダの中には本記事でインポートした左右の⌘キーでの英かな変換や装飾キーの入れ替えの設定ファイルも入っている。

ここに適当なファイル名でファイルを作成する。執筆者は「atsign2doublequote.json」とした。at signはどうやら@のことのようだ。

このファイルにキーの入れ替えの設定を書き込んでいく。

jsonにキーの入れ替え設定を書き込む

自分で一から作成するとなると面倒だが、本記事で紹介したクォーテーション系やコロン系の入れ替えの設定ファイルを参考にするとわかりやすい。

設定ファイルの基本的な構造は以下。本当はもっと細かい設定項目があるが、ここでは本記事で変更する内容に限って紹介する。

各項目について詳しく知りたい人はKarabiner-Elements公式のドキュメンテーション参照。

{
  "title": "Karabiner-ElementsのComplex Modificationの設定タイトル",
  "rules": [
    {
      "description": "Karabiner-ElementsのComplex Modificationの設定説明",
      "manipulators": [
        {
          "type": "basic",
          "from": {
            "key_code": "変更したいキー",
            "modifiers": {
              "optional": [
                "同時に押すキー"
              ]
            }
          },
          "to": [
            {
              "key_code": "変更後のキー",
              "modifiers": [
                "同時に押すキー"
              ]
            }
          ]
        }
      ]
    }
  ]
}

今回は以下のように循環するようなキーの入れ替えをしたいので、それぞれfromとtoで記述する。

  • ⇧ 2@の1回押し)
  • の1回押し)→⇧ ’
  • ⇧ ’)→の1回押し)

例えば@に変更したい場合は以下の設定にすればいい。

US配列では@⇧ 2で入力できるので、fromkey_code2に、同時押しのmodifiersの中にmandatoryを書いてその中にleft_shiftと書けばいい。もちろんright_shiftでも構わない。

ただし、カッコが中カッコ{}と大カッコ[]の2種類が混在しているので注意が必要だ。

"type": "basic",
"from": {
  "key_code": "2",
  "modifiers": {
    "mandatory": [
      "left_shift"
    ]
  }
},
"to": [
  {
    "key_code": "quote",
    "modifiers": [
      "left_shift"
    ]
  }
]

同様にシングルクォーテーションとダブルクォーテーションでも書けば終了。

Karabiner-ElementsのComplex Modificationのインポートページから既存の設定ファイルをインポートして組み合わせてもいいだろう。

これで左手だけでダブルクォーテーションを入力できるし、上書きされた@元々があった位置に移動、は元々があった位置に移動できる。

作成したjsonを読み込む

 

jsonファイルを作成したらKarabiner-Elementsに戻り、Complex Modificationの項目へ移動。

すると作成したjsonファイルの設定があるので、これをEnable(有効化)する。

これでアットマークとクォーテーション系の入れ替えができるようになる。

あとは慣れるまでタイピングするしかない

英語部分の配列についてはJIS配列と同じなので、文字をタイピングする際に困ることはあまりない。

ただし、例えば以下の点が異なるので慣れが必要だ。

  • Enterが横長で上下の\を押し間違える
  • スペースキーが長く、英かな変換時に押し間違える
  • _がキーボードの上に配置されている
  • ()の左に*があるので押し間違える
  • `~がキーボードの左端に配置されている

ただ、これらの違いについては目で位置を確認してタイピングして慣れるしかない。

JIS配列でタッチタイピング(ブラインドタッチ)できるようにした際もとにかく慣れるまでタイピングしまくったから。

タッチタイピングできるようになるまでにしたことについては以下の記事参照。

e-typingのスコア軌跡
【Mac&タイピング】タッチタイピングで分間300打を超える方法

こんな人にオススメ タイピ ...

続きを見る

寿司打、e-typingは言語の入力メイン

現状、寿司打e-typingの結果はそこそこだが、これらのサイトのタイピングはあくまでも日常遣いする文字のタイピングだけ。

実際には_などの記号の入力、日本語の英語の切り替えと入力とその後の文字の変換、数字の入力など多岐にわたる。

なのでとにかくタイピングして、どのキーがどこにあるのかを体で覚えるしかない。

【Mac×US配列】Karabiner-Elementsを使ってJIS配列ライクに使う方法

ということで、今回はMacBookでUS配列キーボードを使いやすくするための方法を紹介した。

基本的にKarabiner-Elementsを使ってJIS配列に近い方法を取ったが、より便利になるような使い方を見つけたらそっちにシフトする予定。

US配列に慣れると、これまでJIS配列がなくて断念していたキーボードにも手が出せるので沼にハマりそう。

ただ、キーボードは現代人にとって必要不可欠なもの。より自分に合うキーボード・設定を模索したい。

関連記事

e-typingのスコア軌跡
【Mac&タイピング】タッチタイピングで分間300打を超える方法

こんな人にオススメ タイピ ...

続きを見る

スイッチボット

2022/11/28

【SwitchBotロックレビュー】これからのスタンダードになりうるスマートロック

こんな人にオススメ SwitchBotからスマートロック「SwitchBotロック」が発売された ...

生活に役立つ

2022/11/28

【メガネ厳選】クソ便利に使っているサービスやアイテム達

このページでは執筆者「メガネ」が実際に使って便利だと感じているサ ...

マウス

2022/9/11

【Logicool MX ERGO vs MX Master 3】ERGOをメインにした決定的な理由

こんな疑問・お悩みを持っている人におすすめ 執筆者はLogicoolのハイエンӠ ...

完全ワイヤレスイヤホン(TWS)

2022/11/21

【ながら聴きイヤホン比較】SONY LinkBuds、ambie、BoCoはどれがおすすめ?

こんな人におすすめ 耳を塞がない開放型のイヤホンに完全ワイヤレスӟ ...

macOSアプリケーション

2022/10/15

【M1 Mac】MacBook Proに入れている便利でニッチなアプリを21個紹介する

こんな人におすすめ MacBookを購入してLINEとか必要最低限のアプリは入れた。 ...

完全ワイヤレスイヤホン(TWS)

2022/10/23

【SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 3レビュー】高レベルでバランス型の高音質イヤホン

こんな人におすすめ SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 3って実際のところどうなの? 評判は良い ...

完全ワイヤレスイヤホン(TWS)

2022/11/21

【SONY WF-1000XM4レビュー】神とゴミのハーフ&ハーフ

こんな人におすすめ SONYのフラグシップモデル「SONY WF-1000XM4」ってどれくらい性 ...

完全ワイヤレスイヤホン(TWS)

2022/8/19

【Nothing ear (1)レビュー】ライトな完成度、アップデートに期待

こんな人にオススメ 完全ワイヤレスイヤホン(TWS)でスケルトンボディ ...

Amazonをもっとお得に活用するすゝめ

あなたはAmazonを有効活用できているだろうか。

私はプライム会員で日々、便利に活用している。

プライム会員になるとできることはざっくり以下の通り。お得すぎる。

\30日間の無料体験もあるよ/

プライム会員でお得になる

Amazonを制すならまずはプライム会員

Amazonを有効活用できるサービス

さらにAmazonではPrime Readingの強化版「Kindle Unlimited」や耳で聴く読書「Audible」なるサービスも展開されている。

キャンペーンで無料体験の期間が伸びている場合があるので要チェックだ。

もっと毎日を豊かにしたいなら試してみる価値ありだ。

  • この記事を書いた人

メガネ

ベンチャー企業のWebエンジニア駆け出し。独学のPythonで天文学系の大学院を修了→新卒を1.5年で辞める→転職→今に至る。
常時金欠のガジェット好きでM1 MacBook Pro x Galaxy S22 Ultraの狂人。
人見知りで根暗だったけど、人生楽しもうと思って良い方向に狂う→人生が楽しい

ガジェットのレビューとPythonコードを記事にしています。ぜひ楽しんでください🦊
自己紹介と半生→変わって楽しいの繰り返し

-キーボード
-, ,