カテゴリー

充電器

【SPGUARD JH12-Sレビュー】スマホもGalaxy Watchもイヤホンも充電できる3in1ワイヤレス充電スタンド

2022年8月27日

こんな人におすすめ

iPhoneとAirPodsとApple Watchの同時充電みたいにGalaxy Watch 4とかのGalaxyシリーズでも同時充電したい。

何かおすすめの3in1ワイヤレス充電器はない?

ということで、今回はGalaxy Watchユーザー必見の3in1ワイヤレス充電スタンド「SPGUARD JH12-S」をレビューする。

執筆者はGalaxy Watch 4ユーザーだが純正充電器がType-A仕様で使いづらい。さらにスマホやイヤホンのワイヤレス充電器もしたい。

こんなお悩みを一括で解決するのが本記事でレビューするSPGUARD JH12-Sだ。

折り畳めなかったりケーブルが抜けやすいといった難点はあるものの、据え置き型としてはかなり重宝している。

本記事ではSPGUARD JH12-Sの使い勝手や使って感じた良い点・微妙な点を紹介する。

Galaxy Watchシリーズの充電をもっと楽にしたいと思っていた人は是非とも読み進めていただきたい。

運営者のメガネです。TwitterInstagramも運営してます。

自己紹介はこちらから、お問い合わせはこちら。

運営者メガネ

SPGUARD JH12-Sのスペック

項目性能
価格
(Amazonで2022年8月27日時点)
¥3,480
入力9V / 2A-3A急速充電QC3.0
入力端子USB Type-C
出力5W / 7.5W / 10W
受信距離(充電できる距離)4 mm未満
充電感知距離2~6 mm
充電の変換効率80%-85%
出力10W:Samsung
7.5W:iPhone
5W:Galaxy Watch、Galaxy Buds、AirPodsシリーズ
サイズ142 x 70 x 13 mm
重量320 g
強みGalaxyのスマホ、イヤホン、スマートウォッチを同時充電
スペースの節約になる
各デバイスの置き場が決まる

 

対応する出力一覧





  • Galaxy S22, S22+, S22 Ultra
  • Galaxy S21, S21+, S21 Ultra
  • Galaxy S20, S20+
  • Galaxy S10, S10+, S10e
  • Galaxy S8, S8+, S9, S9+
  • Galaxy Note 20
  • Galaxy Note 10, 10+
  • Galaxy Note 9
  • Galaxy Z Fold 3
  • Galaxy Flip 3
  • Galaxy Flip
  • iPhone 12, 13
  • などなど

※取説の表記が怪しい

  • iPhone 13シリーズ
  • iPhone 12シリーズ
  • iPhone 11シリーズ
  • iPhone XS, XR
  • iPhone X, 8シリーズ
  • などなど?

※取説の表記が怪しい

  • Galaxy Watch 4
  • Galaxy Watch 3
  • Galaxy Watch Active 2, 1
  • Galaxy Buds Pro
  • Galaxy Buds2
  • Galaxy Buds live
  • Galaxy Buds+
  • AirPods 3, 2, pro

※取説の表記が怪しい


3in1ワイヤレス充電スタンドだからゴツめ

SPGUARD JH12-Sの外箱は全て英語表記だ。ただ、取扱説明書は日本語にも対応しているので安心だ。

同梱物は以下だ。このご時世に珍しく充電アダプタ(ACアダプタ)が付属している。

  • SPGUARD JH12-S本体
  • Type-AポートACアダプタ
  • Type-A 2 Type-Cケーブル
  • 取扱説明書

SPGUARD JH12-Sの給電にはQC3.0(9V / 2A)対応の充電アダプタが必要だ。

付属の充電アダプタはちゃんとQC3.0のものだから、よくわからんって人は付属のものを使うと良いだろう。

ただし、ポートがType-Aだからちょっと使いづらい。

SPGUARD JH12-S本体はコの字とは言わないが3デバイスを充電できるように途中で折れ曲がったような形状をしている。

折りたたみ機能はついていないので、この形状のままデスクに設置する。

なお、本体が滑り防止のラバー素材だからか、かなりホコリがついてしまう。

実物で見るとそこまで気にならないが、写真で見るとかなりホコリがついているのがわかる。

本体の背面にはtype-C端子がついており、ここからSPGUARD JH12-Sに給電する。

背面が少し丸みを帯びた形状をしているので、端子を挿しても少し端子が見えてしまうのが心配なところ。

今のところ何もないしちゃんと充電もできているが、ケーブルが抜けやすいのが難点だ。

3ヶ所で同時充電できる

SPGUARD JH12-Sは前面・上面・背面の3ヶ所で同時に充電することができる。

それぞれの充電場所では以下のデバイスを充電できる。

  • 前面:スマホ、イヤホン
  • 上面:Galaxy Watchシリーズ(対応機種のみ)
  • 背面:イヤホン、スマホ

前面と背面に関してはスマホとイヤホンのどちらも充電できるが、前面ではスマホ、背面ではイヤホンを充電するのが使いやすい。

前面でスマホの充電

スタンド前面ではスマホの充電できる。縦置きはもちろんのこと、ワイヤレス充電のコイルの位置を合わせれば横向きでも充電できる。

横向きで充電できない時はスマホの位置を少しずらすと良いだろう。

前面で充電しているときはLEDランプの右側が緑色に点灯する。

上面でGalaxy Watchの充電

SPGUARD JH12-Sの上面ではGalaxy Watch 4シリーズの充電ができる。

Galaxy Watchシリーズのワイヤレス充電は特殊なのでイヤホンなどの充電は上面では行えない。

ただ、Galaxy Watchシリーズのサードパーティ製の充電器は貴重なのでありがたい。

背面でイヤホンの充電

スタンドの背面も前面と同じようにワイヤレス充電できる。背面はイヤホンの充電に適している。

帰宅後、ポケットからイヤホンを取り出しそのままSPGUARD JH12-Sに乗せるだけで勝手に充電、充電切れの心配がない。

背面はより滑りづらいラバー素材なので、イヤホンがズレることもないだろう。

なお、背面で充電している時はLEDランプの左側が緑色に点灯する。

【Galaxy Buds Proレビュー】煌びやかさとツヤと強力なノイキャン

続きを見る

ランプで充電状態を確認できる

また、SPGUARD JH12-Sは前面下部のLEDランプで充電状況を確認できる。

  • 電源オン:両ランプが赤で点滅
  • 前面充電:右ランプが緑に点灯
  • 背面充電:左ランプが緑に点灯
  • 前面・背面の同時充電:左右のランプが緑に点灯
  • 充電エラー:充電エラーのランプが赤色に点滅

ぱっと見で今の充電状況を確認できるから重宝する。

ただ、緑のLEDが思った以上に暗いので、明るい場所で確認する際にはスマホやイヤホンで直接確認するのが良い。

SPGUARD JH12-Sを使って感じた良い点

ここからはSPGUARD JH12-Sを使って感じた良い点を書いていく。

Galaxyユーザーにとって最適とも言える3in1ワイヤレス充電スタンドでかなり満足している。

スマホ、イヤホン、時計を同時に充電できる

これまではワイヤレス充電スタンド + ワイヤレス充電パッド + スマートウォッチ用の専用充電器と3種類の充電器を使い分けていた。

しかし、それだとケーブルが3本必要だしスペースも3種類分必要だ。

さらにGalaxy Watch 4の純正充電器はUSB Type-A入力なので使い勝手が悪い。

しかしSPGUARD JH12-Sだと1本のケーブルで賄えるしスペースも1ヶ所で済むのでスマート。

しかも執筆者の使っているスマホGalaxy S22 Ultraはバカデカいから、その後ろにあるGalaxy Watch 4やイヤホンが見えることもない。

 

ケーブル類と同じでパッと見の美しさを保てるから、3in1充電器であるSPGUARD JH12-Sは買ってよかったものだ。

スペースの節約ができる

スマホとイヤホンとスマートウォッチを同時に充電できるということなのでスペースをかなり節約できる。

通常のワイヤレス充電スタンドと同じサイズなのにスマホに追加してイヤホンとスマートウォッチも充電できるのでかなりコンパクトだ。

デスク上が充電器でいっぱいって人は是非とも3in1充電器を検討してはいかがだろうか。

スマホの縦置きができる

Galaxyシリーズのスマホやスマートウォッチの充電は色々なブランドから発売されている。

ただ、どれもスマホは平置きのものだ。これだと通知の確認ができないし、その場での操作にも適さない。

例えば純正品の「Super Fast Wireless Charger Duo」も平置きだ。というよりこれだと2台しか充電できない。

AmazonでGalaxy Watch 4の充電に対応した充電器を探しても、携帯性には富んでいるがWatch専用だったり、

謎におしゃれな充電スタンドだったりと選択肢が少なすぎる。

根気よく探せば見つかるが、そこまでの労力をかけるかは人それぞれ。執筆者はレビュー数が多いSPGUARD JH12-Sを選んだ。

Galaxy WatchシリーズはApple Watchシリーズより全体のパイが少ないから仕方ないが、スマホの縦置きができる充電器のSPGUARD JH12-Sは貴重な存在だ。

3デバイスの置き場が決まる

SPGUARD JH12-Sはワイヤレス充電スタンドだから据え置きタイプだ。なので、各デバイスの充電置き場が決まる。

執筆者の場合は食事中とお風呂中にGalaxy Watch 4と完全ワイヤレスイヤホンをSPGUARD JH12-Sに充電するので置き場が決まる。

また、作業中はGalaxy S22 UltraをSPGUARD JH12-Sに置いて充電するので、スマホも置き場決まる。

置き場が決まることで無くす心配もどこに置こうか迷う心配もなくなる。スマートに充電できるんだ。

Galaxy Watch 4の充電ができる

Galaxy Watch 4はワイヤレス充電に対応しているが、通常のQi規格の充電ではない。

なので一般的なワイヤレス充電器で充電しようにも充電できないという謎仕様だ。

SPGUARD JH12-Sは上面でGalaxy Watch 4を充電できる貴重な充電スタンドだ。

なお、Galaxy S22 Ultraのワイヤレスバッテリー共有では充電できるからより謎が深まるばかりだ。

SPGUARD JH12-Sを使って感じた微妙な点

続いてはSPGUARD JH12-Sを使って感じた微妙な点を書いていく。

Galaxyシリーズのデバイスを同時に充電できる3in1充電器はあまりないから、ここからの微妙な点は覚悟しておく必要があるだろう。

ケーブルが抜けやすい

個人的にこれが一番ネックな部分だ。本体の背面下部にあるType-C端子からケーブルが抜けやすい。

おそらく背面下部が斜めに切られているからだろう。

さらに少し引っ張るだけですぐに抜けるので、少し端子部分がガバガバだ。

個体差かもしれないが、充電器をよく動かすって人は動かすたびにケーブルが刺さっているか・充電できるか確認すると良い。

上面がGalaxy Watchシリーズ専用

SPGUARD JH12-Sは3ヶ所で充電できるが、上面の充電はGalaxy Watchシリーズのワイヤレス充電対応モデルにしか対応していない。

試しに上面にワイヤレス充電対応のJabra Elite 85tを置いてみたが充電できなかった。

Galaxy Watchシリーズのワイヤレス充電の機構が通常のワイヤレス充電とは異なるから仕方ないが、どうにか対応して欲しかった。

【Jabra Elite 85tレビュー】ノイキャン・音質・操作性どれも優等生なバランサー

続きを見る

スマホ用の出力が低い

Galaxy S22 Ultraは15 W対応しているが、SPGUARD JH12-Sは最大10 W対応なので最速で充電できない。

そもそもワイヤレス充電自体の充電が遅いが、さすがに10 Wだと充電速度が遅すぎる。

Galaxy S22 Ultraが70%の状態でも100%まで52分かかるようだ。単純計算0%→100%で3時間近くかかる。

なので、SPGUARD JH12-Sは時間に余裕がある時や普段の置き場所として使用するのが良いだろう。

折り畳めない

SPGUARD JH12-Sは3in1で充電できて便利だが折り畳むことはできない。

なので旅行先などでは使用しづらい。

執筆者はほぼ旅行しないからいいけど、頻繁に旅行する人は別でケーブルや充電器を用意するのが良いだろう。

執筆者はUGREEN Nexodeの100W4ポート充電器Anker PowerLine Ⅲ Flowを持ち運ぶことが多い。

PCとスマホとスマートウォッチを同時に充電しても高速で充電できるように100 Wを用意している。

Anker PowerLine Ⅲ Flowは映像出力はできないが、しなやかで曲げ跡がつきづらいのでかなりおすすめだ。

スマホのスワイプがしづらい

SPGUARD JH12-Sの前面の充電スペースの下部にはスマホがずり落ちないようにするためのストッパーがついている。

ただ、このストッパーがスマホ下部に位置するのでスマホの下から上スワイプがしづらい。

執筆者のスマホ定位置はSPGUARD JH12-Sの前面で、充電しながらの操作もするので使い勝手が悪い。

一応、左右どちらかにずらしてスワイプしたら操作できるがどうもやりづらい。

LEDランプが見づらい

SPGUARD JH12-SはLEDランプで前面と背面の充電状況を確認できる。

しかし、このLEDランプがかなり暗く光るので見づらい。

そもそも緊急で高速充電したい時にワイヤレス充電しないが、一応、充電できているかはパッと見で確認したい。

ほんのり緑に光っているかはわかるからまだいいけど、もう少し明るいと使いやすい。

レビューまとめ

ということで、最終的なSPGUARD JH12-Sは以下。貴重なGalaxyシリーズの3in1充電器としてはかなり良い。

特にGalaxy Watch 4の充電器はほとんどないからありがたい存在だ。

3in1なのでケーブルは1本でいいし、スペースも節約できる点も良い。

ただ、上面がGalaxy Watch 4シリーズ限定だったりケーブルが抜けやすかったりと難点はちらほら見受けられる。

良い点

  • スマホ、イヤホン、時計を同時に充電できる
  • スペースの節約ができる
  • スマホの縦置きができる
  • 3デバイスの置き場が決まる
  • Galaxy Watch 4の充電ができる

微妙な点

  • ケーブルが抜けやすい
  • 上面がGalaxy Watchシリーズ専用
  • スマホ用の出力が低い
  • 折り畳めない
  • スマホのスワイプがしづらい
  • LEDランプが見づらい

Galaxyユーザーなら買いな3in1ワイヤレス充電スタンド

ということで、今回はGalaxy Watch 4が充電できる3in1ワイヤレス充電スタンド「SPGUARD JH12-S」をレビューした。

SPGUARD JH12-Sを導入してからデスク上がすっきりしたしGalaxy Watch 4の充電も楽になった。

下手に動かすとすぐにケーブルが抜けるので、ガサツなところが修正されているような気がする。

Galaxy Watchユーザーかつワイヤレス充電(Qi充電)対応スマホ・イヤホンを持っている人は必見の充電スタンドだ。

Amazonをもっとお得に活用するすゝめ

あなたはAmazonを有効活用できているだろうか。

私はプライム会員で日々、便利に活用している。

プライム会員になるとできることはざっくり以下の通り。お得すぎる。

\30日間の無料体験もあるよ/

プライム会員でお得になる

Amazonを制すならまずはプライム会員

Amazonを有効活用できるサービス

さらにAmazonではPrime Readingの強化版「Kindle Unlimited」や耳で聴く読書「Audible」なるサービスも展開されている。

キャンペーンで無料体験の期間が伸びている場合があるので要チェックだ。

もっと毎日を豊かにしたいなら試してみる価値ありだ。

  • この記事を書いた人

メガネ

ベンチャー企業のWebエンジニア駆け出し。独学のPythonで天文学系の大学院を修了→新卒を1.5年で辞める→転職→今に至る。
常時金欠のガジェット好きでM1 MacBook Pro x Galaxy S22 Ultraの狂人。
人見知りで根暗だったけど、人生楽しもうと思って良い方向に狂う→人生が楽しい

ガジェットのレビューとPythonコードを記事にしています。ぜひ楽しんでください🦊
自己紹介と半生→変わって楽しいの繰り返し

-充電器
-,